トップページ | インプラント

インプラント治療は、いまや歯を失った場合に、歯並びや咬む機能を回復する第一選択の治療方法として定着しています。
 
特に、長年、合わない入れ歯や歯周病でグラグラの歯などで悩まれた方ほど、かけがえのないものになっています。長年の研究成果で、インプラントは入れ歯やブリッジに比べて、以下の多くの点で大変有利であることが分かっており、次元の異なる治療方法です。
 

・咀嚼性:何でも噛めること。
・審美性:歯の見た目の自然さ・美しさ。
・長期予後:長持ち度・耐久性や安定性。
・身体への優しさ:健康な組織をダメにしない。金属アレルギーがない。
・アンチエイジング:加齢しにくいこと。
・総合的な健康効果:耐久性も高く、長年使え、噛む力も高まることにより総合的な健康効果が見込めます。
 
当院では、歯を失った場合、現在の歯科医学において機能回復度の高い治療法であるインプラント治療に力を入れております。

■無料電話相談

当院では、インプラントについて疑問や関心のある方向けに、無料電話相談を行っております。セカンドオピニオンも承ります。(30分程度)また、正しい理解のためによくわかる資料を無料で差し上げておりますのでお問合せください。
 
お問合せ専用フリーダイヤル:0120-258-239
 
ただ、お口の中の状態は、お一人お一人違います。お電話では一般的なことしかお答えできないと思いますので、詳しい内容を、正しくきちんとご理解頂くためには、お電話のうえご来院頂くことをお奨めします。インプラント治療により、入れ歯や重度の歯周病などで失ったライフスタイルを取り戻し、明るく元気に長生きをして頂くことを心より願っております。

■診察・口腔内のチェック

1.初診・診察
カウンセリングを行いながら、まずは患者様の希望を聞かせてもらいます。頭部・顎部のレントゲン撮影や口腔内写真の撮影を行い、歯肉・噛み合わせなどを確認させていただきます。

2.診断・説明・見積もり
検査結果をふまえて、患者様の希望に沿った治療計画を相談しながら決めていき、手術の日程を決めていきます。※場合によってはCT撮影などがあります。

■手術当日の流れ

1.健康状態のチェック
インプラント手術の安全性は、手術当日の健康状態によって左右します。 手術前から体調を整え、体調が良い状態で手術当日を迎えることが大切です。

2.施術
衛生的な環境でインプラント手術を行うことが必要ですが、口の中に細菌が残っているような状態では、手術を開始できません。 歯科衛生士により、徹底的に口の中をキレイにします。麻酔をしてから、歯肉を切開し、顎の骨(歯槽骨)にドリルで穴を開け、インプラントを埋め込みます。 インプラントには仮の蓋を装着し、歯肉を元にもどして縫合します。

 
3.リカバリー
術後は回復室で体を休めます。静脈内鎮静法による手術の場合は、ふらつかずに歩けるかどうかなど、意識レベルが回復するまで安静にする必要があります。
 
4.今後の流れを説明・帰宅
行った手術について、術後の注意点や今後の通院の流れなど説明があります。静脈内鎮静法を併用した場合にも、入院の必要はありませんので、その日のうちに帰宅できます。
 
埋入したインプラントが骨と結合するまでに、治療部位等により異なりますが、およそ3ヶ月の期間を要します。インプラントと骨が結合するのを待って2次手術を行い、アバットメントを装着します。その後、人工歯の型取り・装着という流れになります。二次手術は一次手術よりも負担が少なく、短時間で終わります。人工歯が装着され、治療が終了したら、その後はメンテナンス期に入ります。定期的なメンテナンスにより、インプラントのトラブルや失敗を防ぎ、インプラントの維持・口の中の健康維持に努めます。

休診日:木曜午後・日曜・祝日 ※土曜午後は14:00~16:00までの診療となります。

ひぐち歯科医院

福島県福島市飯坂町笠松23-6
フリーダイヤル:0120-258-239
電話番号:024-542-0648
 
診療時間
9:30~12:30/14:30~18:30
土曜午後:14:00~16:00迄
木曜は12:30迄
 
休診日
木曜午後・日曜・祝日